ホーム > モザイクよもやま話2 > 19:壁画の写真を撮る旅2

よもやま話19壁画の写真を撮る旅2(三宮での再会)

フェスタ立花

しぶりの京都はとても暑かったのですが、遠くより聞こえてくる、高齢な女の方の京都弁が爽やかな風のようで、暑さを忘れさせてくれました。

翌日の予定で、三ノ宮に宿を取ることにしました。途中電車の車内放送で立花の駅を聞き、床に5メーター角の大理石モザイクを創ったたことを思い出し、急ぎ飛び降りました。

勘を頼りに、4,5分行きますと、突然目の前に表れた大理石モザイク。私を待っていたかのように手を広げて見えました。 思わず床の上を歩きまわり、「うれしい! 完璧なしあげだ!」とつぶやいてしまいました。

他社に施工をお任せすると、不安が残ります。こんなにきれいに取り付けてくれたことに感謝し、うきうきと駅に戻りました。

震災以来の三宮は、すっかりその姿もなく、復興されて見えます。 神戸に来ると必ず行っていたスタミナ焼き屋さんは、やはりそこになく、ほかで商売をしてるんではないかと探してみましたが、見つかりません。

あきらめて入ったお店に座り、カウンター越しに働く女性を見てビックリ。15分も歩き続け、こんなに離れたところに、偶然とは言え、探していたお店にたどりついたのです。

震災の話に耳をかたむけ、再会出来たことを喜びました。明日のためのスタミナもつけられ、不思議な1日でもあり、嬉しい1日でもありました。

ホーム > モザイクよもやま話2 > 19:壁画の写真を撮る旅2

モザイクのご注文・補修は当社にお任せ下さい!
(株)日本モザイク 〒142-0062 東京都品川区小山2-9-23 03-3787-1055
Copyright (c) 2002-2009 Nihon Mosaic All rights reserved.