ホーム > モザイクよもやま話3 > 24:35年目の出展

よもやま話2435年目の出展

4つの額絵のモザイク画

ャラリーの壁に作品を展示するのは、35年間ないことでした。いままで自分のために作品を創ろうと思い続けてもなかなか実行できずに、あっという間に35年が過ぎてしまったわけです。

初めての個展は20歳。荻窪駅そばの「荻窪ギャラリー」。小さな画材展の2階でした。自分の作品が並べられるだけでうれしく、無我夢中で四六時中キャンバスに向かい絵を描いていた頃でした。

数日後画廊に顔を出すと、買ってくださった方がいると聞き、とてもうれしくなり、元気が出たのが今でも心に残っています。

次はお茶の水の喫茶店「檸檬」。3回目の個展の場所はどうしても思い出せないのですが、作品を全部買い上げていただき、初めて多額のお金を手にしました。学生時代の懐かしい思い出です。

最近になり教室を始めて、私は「『先生の作品を見せてください』といわれても手元になく、アルバムの写真ばかり指さしているのが寂しく、自分がかわいそうになるわ」と愚痴をこぼしていました。

そんな私に、長いおつき合いのさとうその子さんの企画に「立川のギャラリー『新紀元』の『ワイワイ・ガヤガヤ展』に参加してみたら?」と、誘っていただきました。 その子さんは人形作家でもありますが、最近は絵もサラサラとお描きになります。

私はその絵の前に立っていると、いろんな風景が見えてくるのです。そんな彼女に影響を受け、励まされて、なんとか創ってみようと決心しました。

オープニングの日、ギャラリーの真っ白な壁に置かれたモザイク画が恥かしくて見られませんでした。でも参加させていただき本当に良っかたです。今までになかった違う勇気が出てきました。

これまで自分を出さないでいたけれど、やっと本当の「わたし」に出逢えたのです。

ホーム > モザイクよもやま話3 > 24:35年目の出展

モザイクのご注文・補修は当社にお任せ下さい!
(株)日本モザイク 〒142-0062 東京都品川区小山2-9-23 03-3787-1055
Copyright (c) 2002-2009 Nihon Mosaic All rights reserved.