ホーム > モザイクよもやま話4 > 40:建築現場の女性

よもやま話40建築現場の女性

パワーショベル

ザイクをはじめた頃、セメント袋が40キロもあり、これを持ち上げるのに難儀してました。

建築現場の足場も単管で足場板などありませんでした。勇ましい男どもがすたすたと肩にかけ働く姿を見るたび、女には無理な職場と感じました。

それから数十年経ち、建築現場にも女性が進出し始めました。休憩室、更衣室もあり女性専用の洗面所も設置され、階段付きの足場、セメント袋の軽さなどに、私はうれしい感動を受けてました。

朝礼に続きラジオ体操がはじまると、さわやかな香水の香りがヒラヒラと漂いました。ヘルメットから見える鮮やかな色の口紅が、地味な仕事着に色を添えてました。やっと建築現場にも女性が仕事をする環境が整ったのです。

しかしバブル崩壊後、久しぶりの現場で朝の体操をしてるといると何かが違って見えるのです、「なんだろうこの空気は」と回りを見渡せば200人ぐらいの中に女がたった1人であることに気がつきました。「50歳過ぎなのでおばさん」ですね。

そこには管理ばかりの厳しい空気が立ちこめ、疲れた顔した男性が、順列に出口に向かう後景。なにかが進歩してない、後ずさりな状況に無常を感じざるを得ません。また元に戻ってしまったのでしょうか。

ホーム > モザイクよもやま話5 > 40:建築現場の女性

モザイクのご注文・補修は当社にお任せ下さい!
(株)日本モザイク 〒142-0062 東京都品川区小山2-9-23 03-3787-1055
Copyright (c) 2002-2009 Nihon Mosaic All rights reserved.